忍者ブログ

摩利支天の風~若き日の北条幻庵

小田原北条家の長老と呼ばれた北条幻庵の若き日の物語です。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

幻の茄子《東山御物》

① 足利義政(1436-90)‥‥‥1443年、家督を継ぎ、東山御物(ごもつ)を受け継ぐ。

② 村田珠光(1423-1502)‥‥‥1467年、将軍義政より『幻の茄子』を贈られる。
  1468年、伏見屋銭泡、奈良の珠光の元で『幻の茄子(なすび)』を見る。

③ 大内政弘(1446-95)‥‥‥1477年、村田珠光より『幻の茄子』を贈られる。
  1478年、伏見屋銭泡、周防に行き、大内政弘の茶会で『幻の茄子』と再会。

④ 雪舟等楊(1420-1506)‥‥‥1479年、大内政弘より『幻の茄子』を贈られる。
  ◇雪舟、箱に絵を描く。

⑤ 漆桶万里(1428-1500頃)‥‥‥1481年、美濃に来た雪舟より『幻の茄子』を贈られる。
  1482年、銭泡、美濃に行き、万里の梅花無尽蔵にて『幻の茄子』を見る(三度目)。
  ◇万里、箱に賛を書く。
  ◇銭泡、『幻』と名付ける。

⑥ 太田道灌(1432-86)‥‥‥1485年、江戸に来た万里より『幻の茄子』を贈られる。
  1486年、銭泡、江戸城の茶会にて『幻の茄子』を見る(四度目)。
  1486年、道灌、糟屋屋形の茶会にて殺される。

⑦ 扇谷上杉定正(1443-94)‥‥‥1486年、江戸城内の道灌所持の茶道具を奪い取る。

⑧ 大森寄栖庵(1418-94)‥‥‥1487年、上杉定正より『幻の茄子』を贈られる。
  1494年、京都から下向した善海、小田原城の寄栖庵の茶会にて『幻の茄子』を見る。

⑨ 大森藤頼(1449-98)‥‥‥1494年、父寄栖庵の死後、受け継ぐ。

⑩ 三浦道寸(1457-1516)‥‥‥1495年、大森藤頼より『幻の茄子』を贈られる。
  1495年、善海、岡崎城の道寸の茶会にて『幻の茄子』を見る。
  道寸、善法(銭泡)より、『幻の茄子』のいわれを聞く。
  1498年、太田道灌の十三回忌を糟屋の大慈寺にて行う。早雲も参加する。
 ◆1502年5月15日、村田珠光死す。
 ◆1502年7月30日、連歌師宗祇、死す。
  1502年10月、伏見屋善法、岡崎城の茶会にて『幻の茄子』と再会する(五度目)。
  1505年5月、道寸、幻の茄子を所持して江戸城に行き、建芳、太田資康らと茶会。
 ◆1506年3月10日、伏見屋善法死す。善海(40)、珠光茶碗を譲られる。
  1507年5月、善海、珠光茶碗を三浦道寸に贈る。
  1512年8月、新井城に『幻の茄子』と『珠光茶碗』を持って行く。
  1516年7月、新井城は落城するが『幻の茄子』と『珠光茶碗』は行方不明になる。
PR
Comment form
お名前
メールアドレス
URL
タイトル
コメント
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード
TrackBack
この記事にトラックバックする:
ランキング
人気ブログランキング
ブログ内検索
プロフィール
HN:
酔雲
HP:
性別:
男性
酔雲の著書













最新コメント
[06/05 アメリカ留学]
最新トラックバック
バーコード
楽天市場





アクセス解析
  Copyright 2017 摩利支天の風~若き日の北条幻庵 All rights reserved.
Template Design by LockHeart|powered by NINJA TOOLS 忍者ブログ [PR]