忍者ブログ

摩利支天の風~若き日の北条幻庵

小田原北条家の長老と呼ばれた北条幻庵の若き日の物語です。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

幻の茄子《東山御物》

① 足利義政(1436-90)‥‥‥1443年、家督を継ぎ、東山御物(ごもつ)を受け継ぐ。

② 村田珠光(1423-1502)‥‥‥1467年、将軍義政より『幻の茄子』を贈られる。
  1468年、伏見屋銭泡、奈良の珠光の元で『幻の茄子(なすび)』を見る。

③ 大内政弘(1446-95)‥‥‥1477年、村田珠光より『幻の茄子』を贈られる。
  1478年、伏見屋銭泡、周防に行き、大内政弘の茶会で『幻の茄子』と再会。

④ 雪舟等楊(1420-1506)‥‥‥1479年、大内政弘より『幻の茄子』を贈られる。
  ◇雪舟、箱に絵を描く。

⑤ 漆桶万里(1428-1500頃)‥‥‥1481年、美濃に来た雪舟より『幻の茄子』を贈られる。
  1482年、銭泡、美濃に行き、万里の梅花無尽蔵にて『幻の茄子』を見る(三度目)。
  ◇万里、箱に賛を書く。
  ◇銭泡、『幻』と名付ける。

⑥ 太田道灌(1432-86)‥‥‥1485年、江戸に来た万里より『幻の茄子』を贈られる。
  1486年、銭泡、江戸城の茶会にて『幻の茄子』を見る(四度目)。
  1486年、道灌、糟屋屋形の茶会にて殺される。

⑦ 扇谷上杉定正(1443-94)‥‥‥1486年、江戸城内の道灌所持の茶道具を奪い取る。

⑧ 大森寄栖庵(1418-94)‥‥‥1487年、上杉定正より『幻の茄子』を贈られる。
  1494年、京都から下向した善海、小田原城の寄栖庵の茶会にて『幻の茄子』を見る。

⑨ 大森藤頼(1449-98)‥‥‥1494年、父寄栖庵の死後、受け継ぐ。

⑩ 三浦道寸(1457-1516)‥‥‥1495年、大森藤頼より『幻の茄子』を贈られる。
  1495年、善海、岡崎城の道寸の茶会にて『幻の茄子』を見る。
  道寸、善法(銭泡)より、『幻の茄子』のいわれを聞く。
  1498年、太田道灌の十三回忌を糟屋の大慈寺にて行う。早雲も参加する。
 ◆1502年5月15日、村田珠光死す。
 ◆1502年7月30日、連歌師宗祇、死す。
  1502年10月、伏見屋善法、岡崎城の茶会にて『幻の茄子』と再会する(五度目)。
  1505年5月、道寸、幻の茄子を所持して江戸城に行き、建芳、太田資康らと茶会。
 ◆1506年3月10日、伏見屋善法死す。善海(40)、珠光茶碗を譲られる。
  1507年5月、善海、珠光茶碗を三浦道寸に贈る。
  1512年8月、新井城に『幻の茄子』と『珠光茶碗』を持って行く。
  1516年7月、新井城は落城するが『幻の茄子』と『珠光茶碗』は行方不明になる。
PR

「摩利支天の風 若き日の北条幻庵」が電子書籍になりました



摩利支天の風 若き日の北条幻庵」がアマゾンのキンドルで電子書籍として発売されました。
よろしくお願いいたします。


Kindle PaperwhiteKindle Paperwhite Kindle Paperwhite 3GKindle Paperwhite 3G Kindle Fire HD 16GB タブレットKindle Fire HD 16GB タブレット Kindle Fire HD 8.9 32GB タブレットKindle Fire HD 8.9 32GB タブレット
ランキング
人気ブログランキング
ブログ内検索
プロフィール
HN:
酔雲
HP:
性別:
男性
酔雲の著書













最新コメント
[06/05 アメリカ留学]
最新トラックバック
バーコード
楽天市場





アクセス解析
  Copyright 2017 摩利支天の風~若き日の北条幻庵 All rights reserved.
Template Design by LockHeart|powered by NINJA TOOLS 忍者ブログ [PR]